大宮銀座通り歯科オフィシャルサイト

ご予約・お問い合わせ
048-783-2696

BACKGROUNDインプラント治療の研鑽を続ける

~インプラント治療の質にこだわりたい~

歯科医師だった父の影響で、同じ道を志しました。私が大学時代からインプラント治療は爆発的に広がり、2008年頃までは、“インプラントバブル”と呼ばれるくらいたくさんの手術が行われました。そして2011年にインプラント手術による死亡事故が報道されたのです。

それ以降、インプラントのネガティブな報道がクローズアップされるようになりました。歯科治療と一言でいっても多様な分野があります。当然のことですが、どの分野も大切です。そのなかでも、インプラントという分野は非常に注目度が高い。
それには、以下2つの理由が挙げられます。

① 治療費が高額なこと

② インプラントによるトラブルが多く報告されていること

①については、インプラントは材料費、器具費、そして技術の習得に対する費用が高額なため、結果として治療費が高くなります。材料費、器具費はそれぞれの医院によって異なるので、必然的に治療費も医院によってまちまちです。

②については、インプラントは確かに難易度が高い治療であり、技術や、知識、経験が必要とされるので、トラブルが起きやすいといえます。歯科医師がインプラントの技術をどう習得するかはあまり知られていないでしょう。

多くの歯科医師は講習会などで数回学んだ後に、実際の患者様へ手術を行っています。誰かに指導してもらいながら治療を行うことや、実地訓練をするようなことがないのが現状です。さらに近年は、ネガティブな報道のためにたくさんの手術経験を重ねることも難しくなってきました。そのためトラブルが起きやすくなっているのです。

以上を踏まえて、私はインプラントに関しては絶対の技術力と自信が持てるまで時間をかけて学ぼうと決心しました。大学病院で約8年間実践を重ね、そこで博士号、「日本口腔外科学会口腔外科認定医」そして「日本口腔インプラント学会」「日本顎顔面インプラント学会」に所属し、専門的な知識・経験を習得すべく日々研鑽を積んでおります。また現在も非常勤の新潟大学の特任助教という立場で大学病院において診療と、最先端の研究を続けています。そして近年は多方面の歯科医師の先生方からお声をかけていただき、出張手術や講演を行っております。

これからも安全で満足していただけるインプラント治療をご提供できるよう努めてまいります。



 
監修記事
小川 信Ogawa Shin
医療法人社団 新成会 理事長。歯科医師。日本口腔外科学会 口腔外科認定医、日本口腔インプラント学会 所属、日本顎顔面インプラント学会 所属、厚生労働省指定臨床研修指導歯科医として、多岐にわたるインプラント治療を行う。新潟大学医歯学総合病院の口腔外科やインプラント治療部門で長く研究や臨床に携わっており、「患者さんができるだけ長い間、QOLが高い状態で過ごせるよう、そのライフスタイルに寄り添った歯科治療を提供したい」という想いで、日々の治療にあたっている。

インプラントはどんな治療?費用は?入れ歯と何が違う?
様々な疑問に歯科医師がお答えします!

インプラント無料相談
  • WEB予約
  • メールでお問合せ
  • LINE予約・相談