大宮銀座通り歯科オフィシャルサイト

ご予約・お問い合わせ
048-783-2696

IMPLANTインプラント治療とは

インプラント治療が始まり、すでに50年が経ちます。この治療は今まで歯に対して悩みを抱えていた多くの方を救う革命的な治療となりました。近年、様々な報道によりインプラント治療に対して危険なイメージが定着してしまいましたが、失った歯を補う方法として未だ最善の方法の一つであることは間違いありません。インプラントに関してお悩みの方はまず一度ご相談いただければ幸いです。


動画でみるインプラント治療について




DATEからみる当院のインプラント来院患者

2023年度集計分





失ってしまった歯を補う治療法

インプラント治療とは、むし歯や歯周病、なんらかの衝撃により失ってしまった歯を補う治療法の1つです。インプラント治療は、顎の骨にチタン製の人工歯根を埋め込む方法で、ブリッジのように、隣の健康な歯を削る必要もありません。また、顎に人工歯根を直接埋め込むので、入れ歯のようなぐらつきもなく、しっかりと噛むことができ、自然な噛み心地が得られます。



治療の流れ

  • 会話
    STEP 01各種検査・診断・治療計画立案
    患者様の口腔内の状況を診査し、レントゲン、CT、その他お口の中の検査を行い、治療計画を立てていきます。治療計画を立てるうえでのポイントは、インプラントに関わることだけではなく、お口全体の問題を検査し、診断することです。
    撮影したCT画像をシミュレーションソフトを用いて画像を構築し、治療計画(インプラント体を埋入する場所、サイズ、本数)を立案し、実際にかかる治療期間、費用をお話しします。
  • 手術
    STEP 02インプラント手術
    インプラント体を埋め込む位置に局所麻酔をし、歯茎を切開し、顎の骨にインプラント体を埋入していきます。骨と完全に結合されるまで、約1~4ヵ月間を要します。その間は、仮歯を入れるため食事をすることも可能です。
  • 装着
    STEP 03修復物の装着
    埋入したインプラント体が完全に顎の骨と結合した事を確認し、連結部分であるアバットメントを取り付け、その上に修復物(上部構造)を装着します。
  • メンテナンス
    STEP 04メンテナンス
    インプラント治療は、メインテナンスを怠ると歯周病に感染するリスクが高くなります。歯周病に感染すると骨が溶けてしまい、インプラント体ごと取れてしまいます。インプラントを長く快適にお使いいただくためにはメインテナンスが必須となります。インプラント治療後は、1週間後、1ヵ月後、3ヵ月後、6ヵ月後に検診をしていただきます。

インプラント治療と他治療の比較

▼ 横にスクロールしてご覧ください ▼



 
監修記事
小川 信Ogawa Shin
医療法人社団 新成会 理事長。歯科医師。日本口腔外科学会 口腔外科認定医、日本口腔インプラント学会 所属、日本顎顔面インプラント学会 所属、厚生労働省指定臨床研修指導歯科医として、多岐にわたるインプラント治療を行う。新潟大学医歯学総合病院の口腔外科やインプラント治療部門で長く研究や臨床に携わっており、「患者さんができるだけ長い間、QOLが高い状態で過ごせるよう、そのライフスタイルに寄り添った歯科治療を提供したい」という想いで、日々の治療にあたっている。

インプラントはどんな治療?費用は?入れ歯と何が違う?
様々な疑問に歯科医師がお答えします!

インプラント無料相談
  • WEB予約
  • メールでお問合せ
  • LINE予約・相談